フードコーディネーターになるための始め方【基礎編】

食の魅力を伝えるプロになる!フードコーディネーターを目指す道

専門的に学んでみる

フードコーディネーターとは技術が必要な仕事です。その理由としては、技術がないと仕事を掴みとることが出来ないからだと言えます。まずはフードコーディネーターを目指すための流れや資格について学んでいきましょう。

専門学校に実際に通ってみた感想

主婦からでもスタート可能

子供から手が離せない時期を過ぎて、また働き始めたいと思った時にカフェが好きだったのでフードコーディネーターに憧れていました。専門学校には、食の良さを伝えるライター業務などを学べるコースもあって食べ物の魅せ方や伝え方を基本的な部分から学ぶことが出来ました。

グルメ好きを仕事に出来た

趣味で美味しいゴハン屋さんめぐりをしていたのですが、カメラで料理を撮影したり、ブログをアップしたりしているうちに、この趣味を仕事に出来ないかなと感じ始めるようになりました。そんな時に専門学校の存在を知って入学を決意。趣味の時では知らなかったテクニックなどを学べて、仕事にできたので大変満足しています。

将来的に自分のお店を開きたい

私は子供の頃から、自分のお店を開きたいと思っていました。やるなら基礎からしっかり学んで、自分の思い描いてた計画を実行するために、フードコーディネーターの専門学校を選びました。実技が多い専門学校を選んだのでしっかりと技術が身にけることができました。私としてはとても良い選択だったと思っています。

フードコーディネーターになるための始め方【基礎編】

料理

フードコーディネーターになりたい

フードコーディネーターの職業に就きたいと思ったら、調理の専門学校やフードコーディネーター専門の学校で基礎知識や技術を学んでいくことが必要でしょう。調理だけでなく、フードコーディネーターとしてのライターやカメラ技術を学ぶことも出来ます。

資格について

フードコーディネーターになるために、この資格を持っていないとなれないというものはありません。しかし、実際の現場で活躍するとなると、フードコーディネーターの資格を持っていたほうが仕事として上手くいでしょう。そのため、専門学校などで学び、資格取得に努めることが大切です。資格は、フードコーディネーター資格認定試験にて3段階のレベルが存在します。

専門学校選びのポイント

専門学校に通う時に一番先に優先して考えてほしいことは、自分の取得したい資格に強い学校なのか、取得可能なのかをきちんと確認してから学校を選ぶようにしましょう。

広告募集中